旦那の借金は旦那の両親にも返済義務はあるもの?

義理の両親

夫婦という間柄であったとしても、『本人以外には返済義務が無い』という事をまず留意しておきましょう。これはキッパリとその旨を伝え断る事が出来ます。

旦那の借金に、対して返済能力が無いと見なすと、賃金会社は”家族間の連帯責任”をつつき旦那の両親にさえ返済を要求する事があります。

当然貸した側はお金を返して欲しいものですからね。そうで無ければ、商売も成り立ちません。

その上、賃金会社と言えば貸すプロであって返済を促すプロでもあります。

だからこそ借りた本人に支払う能力が無いと分かれば、親が保証人や連帯保証人にさえなっていれば、本人と一緒に借りたと見なし返済を請求して来るものです。

よく『例え親子・夫婦間であったとしても気軽に保証人や連帯保証人になってはいけない』という事を聞くものですが、その理由がこの為です。

借りたのが自分ではないとしても連帯保証人になってしまえば『一緒に借りた』という事になってしまうのです。

 

親が子供の借金を返済する義務は無い

事実上、中には『子供の借金だから親が返済をするべき』とつついてくる貸金会社もあるものです。

ですが、これも借りた当人ではなく、借りた当人の個人の問題という事になるので親側には返済の義務が生じません。

独身の子供が死亡して孫がいない場合、財産の相続は親にまわってきます、財産相続すると”負の財産”でもある借金が親にも相続されるワケです。

そういった場合には返済義務が生じます。

返済出来ない・したくないといった場合には、相続を放棄する事も出来きます。

子供の死を知ってから3カ月以内に相続放棄の手続きを済ませてしまいましょう。

 

扶養義務はアリ!

親の立場にしたって子供の立場にしたって、保証人・連帯保証人となっていない限りは借金の返済義務は生じないものです。

ですが旦那が借金返済をする為に、生活が生活保護法で定められた”最低生活保護基準”を下回る場合、不足分の援助を行う義務が発生します。

(最低生活保護基準:食費・被服費・家賃等の生活費・子供が義務教育を受ける為の学費、その他に出産費用や介護サービス、冠婚葬祭など)

これでは、借金返済と何ら変わらない収出があるのでは?! なんて、思うでしょうが……扶養義務は収入も少ない上、貯蓄もほぼ0に等しい事から、拒否される事は殆どです。

しかし、親子間と言えば情もあるものです。

ですが、これによって関係が悪化しギスギスに繋がってしまう可能性もある事だけは覚えておくべきです。

取り立てが来た場合…どうやって対応するべき?

親の立場でも子の立場でも家族への取り立て行為は違法となるものですが、それを理解した上で賃金会社というものは取り立てにやってくるものです。

こういった場合彼らは法的な義務を問い訴えてくるワケではなく、『子供に返済能力が無いのは親の責任だ!』と、感情論で訴えてくるのです。

なので、こういった場合は”借りた当人では無い・個人の問題”という部分を優先し、何を言われようが断る姿勢を貫いて問題はありません。

ですが、借りた先が金融で断る事によって借りた当人の立場が危うくなる、或いは身の危険があると想定出来る場合には慎重な対応が必須となります。

闇金融は違法な利子や手数料をかける他貸す行為そのもの自体も違法ですが、返済請求の取り立ても違法行為を行うものです。

こんな場所で借りてしまい、取り立てに来られたら素人ではどう足掻いても追い返す事も解決させる事も難しいと思って良いでしょう。

ですが、怖い取り立てイメージの強い闇金融は暴力を振るって来る事って実は少ないものです

よくTVドラマやVシネマで見かけるような暴力沙汰は滅多に起きるものではありません。

これが何故かと言えば、やはり違法に後ろめたい事をやっている事は闇金融側も分かっているものですからね。

そこに暴力まで加わり通報なんてされれば、現行犯逮捕は待った無しです。

そういった理由もあって、実際には暴力を振るってくる事は少ないのです。

どちらかと言えば、電話や脅迫に出向き精神的に追い詰めて来るという傾向が強いものです。

これであれば通報されたとしても、返済を迫った客にも外傷も無いものなので、闇金融側も現行犯逮捕をされる事も無く都合が良いものです。

ですが、闇金と言えば、もはや返済に強請りをかけるプロでもあるので、先程も述べた通りに素人では手も足も出ません。

返済の件においては弁護士に、万が一暴力を振るわれ身の危険を感じたといった場合にはすぐに警察に通報するようにしましょう。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ